読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間をつぶす・費やす:泡、耗、搭

時間をつぶす時に使う動詞“泡、耗、搭”について比較する。

 

1.泡

 仕方なく、しかし自らの意志で、時間を費やす。

 

  我来这里一年多了,管棍儿一条,也没有什么亲戚、熟人,周末差不多是在网吧里泡着。常常一玩儿就是通宵。

 私はここへ来て1年が過ぎた。独り身で、親戚も親しい人もいない。週末はほどんどネットカフェで時間を費やす。たびたび遊び始めると徹夜になる。

 

  到了星期天就不敢乱跑了,基本上是泡在图书馆自习,不是用功,是没办法。现在功课那么多,要看的书也不少,还有各种要通过的考试,想不努力行吗?

 日曜日になると敢えてぶらぶらすることなく、ほどんど図書館で自習をする。真面目にやるわけではなく、仕方ないからだ。今、宿題がとても多く、それに色々読まなければいけない本もたくさんある。努力しないと考えることが正しいかな?

 

2.耗

 ある目的のもと、自ら何かを行うために、時間を割く。

 

  我的周末基本上都耗在健身房了。现在竞争这么激烈,工作压力这么大,没有好的身材哪儿顶得住呀。

 私の週末は、ほぼフィットネスクラブで費やす。今、競争はすこぶる激しく、仕事のプレッシャーはとても大きい。しっかりとした体がなければ、耐えられないでしょ。

 

3.搭

 こころからやりたいと思うわけではないが、義務的にやらざろう得ない。

 

  是为了我那闺女,上班以外的功夫全搭在送她上各种班了。辅导班的名目多了去了,我也说不全。幸苦算不了什么,我就指望她将来能考上大学,不要像我一样窝囊!她现在的功课挺深,我也是不上什么劲儿。能做的,也就是接送闺女。

 娘のために、会社へ行く時間以外は、全て娘を送り届けるために費やす。習い事は多すぎて、私さえも全て言えない。大変だなんて言っていられない。私は娘が将来大学へ行くことを望み、私のようなふがいない人間にしたくない。娘の今の宿題はとても難しく、私などにはどうしようもない。できることは、ただ娘を送り迎えすることだ。